大阪桐蔭-塔南 走者を背負いながらも力投する塔南の先発・野原(皇子山球場)

大阪桐蔭-塔南 走者を背負いながらも力投する塔南の先発・野原(皇子山球場)

 秋季近畿地区高校野球大会は16日、皇子山球場で1回戦が行われ、塔南(京都2位)は0―7で大阪桐蔭(大阪1位)に七回コールド負けした。

 11年ぶりの近畿大会出場となる塔南は、エース右腕の野原が先発。初回に4長短打と2四死球で5点を奪われるなど、七回までに7失点した。打線は相手左腕に2安打に抑えられ、無得点に終わった。