京都府警本部(京都市上京区)

京都府警本部(京都市上京区)

 京都府警サイバー犯罪対策課と右京署は18日、人工知能(AI)技術を悪用してアダルト動画(AV)のモザイクを除去したように改変したとして、著作権法違反とわいせつ電磁的記録媒体陳列の疑いで、兵庫県高砂市、自称画像クリエーターの男(43)を逮捕した。容疑を認めており、「金銭目的だった」と供述しているという。

 府警によると、容疑者はAI技術「テコガン」を使う市販ソフトで動画を改変していた。同様の行為は「モザイク破壊」「モザイク除去」と呼ばれて、インターネット上で横行している。

 府警の説明では、容疑者は自身のサイトで「モザイクを無くし、クリアな動画を楽しみましょう」と宣伝。客から指定されたAVを無修正に見えるように加工していた。昨年12月から今年8月の間、サイト会員約200人や動画販売サイトの利用者に、改変した動画約1万2千点を売り、約1100万円を得ていたという。

 逮捕容疑は1月9日、モザイク部分を加工したAVの動画データ1点を作成してAV制作会社の著作権を侵害し、自身のサイトで改変したAVの見本画像10点を公開した疑い。

 IT専門家によると、テコガンはAIの学習機能を使って不鮮明な画像の本来の姿を予測し、高画質の疑似画像を生成できる。防犯カメラ映像の解析や、古い動画の鮮明化などの用途が見込まれるという。