ファンには待望の季節が到来した。プロ野球開幕から約2週間。ビール片手にごひいきの戦況に一喜一憂する人も多いのでは。そんな国内野球にも影響が及びそうな、米大リーグの新潮流が気になる▼打者に浸透しているのが意図的に打球を上げる「フライボール革命」だ。データの蓄積で計算された守備位置に対抗しようと、球の下を狙ってスイングする打者が増えている。アッパースイングが否定されてきた日本からすると驚くばかりだ▼「オープナー」という継投策も登場した。試合冒頭の打者数人だけに投げ、さっと次の投手にマウンドを譲る。従来の「先発投手」が立ち上がりに上位打者との対戦を避けられ、負担が減るメリットがある▼大リーグでデータが重視されるのは選手獲得に巨額が飛び交う球界事情もあるのだろう。近年は「2番強打者説」もあり、セオリーに縛られがちな日本に比べ定説に挑む姿勢が面白い▼理詰めで考えていく野球も興味深いが、やはり選手には人間くささも期待したい。「二日酔いで打席に入り本塁打を放った」など昭和の豪快伝説でなくても、ハイレベルな現代野球のすごみを言葉で表してほしい▼加速度的に進むデータ野球に生身のアスリートがどう立ち向かっていくのか。せめぎ合う一投一打のドラマに注目だ。