絵本作家の吉田瑠美さん(京都市伏見区・絵本のこたち)

絵本作家の吉田瑠美さん(京都市伏見区・絵本のこたち)

 京都市左京区在住の絵本作家、吉田瑠美さん(36)の絵本原画展が、同市伏見区横大路下三栖辻堂町の書店「絵本のこたち」で開かれている。動物や生き物の愛くるしい姿を、柔らかく繊細なタッチで描いた作品を展示している。
 東京都出身の吉田さんは2012年に京都へ移住し、中国武術を教える傍ら、作家活動も始めた。絵本の原画展は今回が初めてで、6~9月に出版した動物の家族絵本シリーズ3部作から原画19点を選んだ。
 第1巻「いつかは ぼくも」では、ライオンやペンギン、クジャクやカエルなどの「父子」の姿が、色鉛筆を使って優しい風合いで表現されている。吉田さんは「原画には下描きの跡があったり絵本とは色味が違ったりする。作品を見て温かい気持ちになってもらえればうれしい」と話している。12日まで(午前11時~午後7時)。