かごに盛られた富有柿を買い求める人々(木津川市木津・鹿背山柿出荷組合直売所)

かごに盛られた富有柿を買い求める人々(木津川市木津・鹿背山柿出荷組合直売所)

 京都府木津川市鹿背山の特産「富有柿」の販売が、同市木津の直売所で始まった。鹿背山柿出荷組合によると、今年は長雨などの影響もあったが、大きさや甘みは例年通りという。

 同組合では現在、3農家が柿栽培を続けている。角井正幸組合長(71)は「先輩たちが残してくれた鹿背山の柿を一人でも多くの人に食べてほしい」と語る。

 直売所1カ所のみでの販売だが、人づてで人気が広がり、毎年にぎわいを見せる。今年初日の14日は販売開始の30分前から訪れる人もおり、約1時間20分で完売した。初めて来た京田辺市の北村武弘さん(67)は「渋柿と違い、自然になった柿の味が楽しみ。柿が採れない北海道の知人にも送りたい」と話していた。

 一盛り千円から。直売所は相楽中部消防署の向かいにあり、火、木、土、日曜と祝日の午後1~5時に開店。12月中旬まで。直売所0774(72)5421。