国民審査の対象となる最高裁裁判官の主な略歴は次の通り。(告示順)