レトロな雰囲気が漂う旧工場で行われたコンサート(東近江市長町・金壽堂)

レトロな雰囲気が漂う旧工場で行われたコンサート(東近江市長町・金壽堂)

 かつて梵鐘を製造していた金壽堂(きんじゅどう)(滋賀県東近江市長町)の旧工場の活用を模索していた地元の住民たちが今月、初めてコンサートの開催を実現させた。フォーク歌手の美しいハーモニーが産業遺産の空間に響き、聴衆を楽しませた。住民の元には、音楽会や写真撮影会の開催など問い合わせが相次いでおり、手応えを感じている。

 コンサートはフォークグループ「五つの赤い風船」の元メンバー長野たかしさんと妻あやこさんが出演した。鋳鉄溶解炉のキューポラなどが残る空間に歌声やギターの音色が心地よく響き、約30人の観客が手拍子で応えた。来場した男性は「天井が高いので音響が抜群。久々のライブを楽しめた」と満足そうだった。

 大正期に建設された金壽堂は広大な敷地に映画のセットのような設備がそのまま残り、レトロな雰囲気をとどめる。現在は工場として稼働していないため、地権者と地域住民らは毎月集まり、産業遺産としての利用を議論してきた。

 春に計画したジャズコンサートは新型コロナウイルスの影響で中止になったが、緊急事態宣言の解除を受けてフォークコンサートを開催した。11月にもコンサートを予定しているほか、コスプレ撮影会や絵画グループの写生会など申し込みが続いている。

 コンサートに携わった地元の男性(70)は「皆さんに良い会場だと言っていただいた。見学者も毎週来ている」と反響を喜んでいる。

 問い合わせは金壽堂090(2594)0333。