京都市は、ベンチャー企業の製品を買い上げて支援する「市ベンチャー購買新商品認定制度」で、新たに3社の商品をこのほど認定した。

 2008年度創設の同制度では、ベンチャー企業の販路開拓支援のため商品を市が随意契約で購入できる。市ベンチャー企業目利き委員会によるAランク認定企業か京都高度技術研究所のオスカー認定、知恵創出「目の輝き」の認定を受けた企業などが対象。認定は今回で累計44社となる。

 新規認定の企業と商品は次の通り。

 エムアールサポート(右京区)=道路調査のためのハイブリッド点群の作成サービス▽HotJet(左京区)=熱水エコ洗浄機HOTJET▽マサインタナショナル(西京区)=光合成速度高速測定装置MIC―100