しぐさも声も華やかで、昭和、平成と人気者だった落語家古今亭志ん朝。2001年10月に63歳で早世、いまだに惜しむ声は多い。志ん朝がのぞかせた粋。干支[えと]が二回り下の林家正蔵が思い出を語る。