京都市を財政破綻の危機に追い込んだ大きな原因は、地下鉄経営支援のため一般会計で引き受けた1千億円近い借金だった。本来なら観光客を含む地下鉄利用客が支払う費用を、