今春設立100年を迎えた京都大芦生研究林(芦生の森)。かつて海原のように林床を覆ったチシマザサが激減した。残された群生地でも冬の積雪が減り、シカの食害が進む。調査員らが保全活動をしている