京都大学

京都大学

 ヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞)を使って新型コロナウイルスの感染を防ぐ化合物の組合せを見つけたと、京都大iPS細胞研究所のグループが21日発表した。新型コロナ感染症に対する新たな治療法の開発につながる可能性がある。研究成果はこのほど、米科学誌に掲載された。

 新型コロナウイルスがヒトの細胞に侵入する際は、ヒトの持つ複数のタンパク質が関わることが知られている。感染を防ぐには、そうしたタンパク質の働きを抑えることが有効だが、どれを標的にすればよいか未解明な部分が多い。

 同研究所の高山和雄講師らは特定のタンパク質のできる量を抑えるゲノム編集の技術をiPS細胞に応用。9種類のタンパク質を抑えたiPS細胞をそれぞれ作製してウイルスの感染実験を行い、さらに抑えるタンパク質を組み合わせて実験した。その結果、「カテプシンB」と「TMPRSS2」という2種類のタンパク質を同時に抑えると、感染するウイルス量を10万分の1に抑えられることが分かった。カテプシンBとTMPRSS2の働きを阻害する各化合物を使っても、同じような効果を確認できた。

 高山講師は「現在いずれの化合物も新型コロナ感染症への使用は認められていない。実用化には、細胞レベルではなく実際に人に投与した時の効果を確かめなければならず、まだ検証するべきことは多い」としている。