がん細胞の塊を新たにできる血管を含めて再現するチップ形状の装置 (横川隆司京都大教授提供)

がん細胞の塊を新たにできる血管を含めて再現するチップ形状の装置 (横川隆司京都大教授提供)

 がん細胞の塊を新たにできる血管を含めて再現するシリコンゴム製の装置を開発したと、京都大などのグループが7日発表した。血管を通してがんに作用する抗がん剤の効果を検証することに生かせるという。成果は国際科学誌「バイオマテリアルズ」に掲載された。

 がんの中には新たな血管ができ、血液から栄養分を得て進行し、血管を通って転移する。一方、薬剤開発の効果を確かめるために以前から使われてきたがんのモデルでは、血管を再現できていなかった。
 京大工学研究科の横川隆司教授や東北大の梨本裕司助教らが、100円玉大のチップ形状の装置を開発した。直径1ミリの穴にヒトの乳がん細胞を、周囲に血管の細胞などを置いて培養すると、数日でがん細胞の塊の中に血管ができた。
 血管内に抗がん剤を流すと、抗がん剤の濃度が低い場合ではがんの増大を止められなかった。一方、血管内における抗がん剤の流れを作らない状態では、濃度が低い場合でもがんは小さくなった。薬剤の効果を検証する際に、血流の影響を考慮する重要性が示されたという。
 横川教授は「従来のがん細胞塊のモデルと合わせて使うことで、より生体に近い形で薬剤の効果を検証できる」としている。