ニューヨーク証券取引所に株式を上場し、ベルを鳴らす米ウィーワークの幹部=21日、ニューヨーク(ロイター=共同)

 ニューヨーク証券取引所に株式を上場し、ベルを鳴らす米ウィーワークの幹部=21日、ニューヨーク(ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】ソフトバンクグループ(SBG)が出資する米共有オフィス「ウィーワーク」は21日、「特別買収目的会社(SPAC)」と合併する形でニューヨーク証券取引所に上場した。上場によって市場の信認を得て、経営再建を加速したい考えだ。

 SPACは未上場企業を買収・合併するのが目的の会社。ウィーワークはベンチャーキャピタル傘下のSPACと20日付で合併した。初日は、前日のSPACの終値と比べ13%高の11・78ドルで取引を終えた。

 ウィーワークは当初、2019年に上場を目指したが、企業統治や収益性に疑念を持たれ、延期に追い込まれた。