食堂での児童らの様子を記した子ども食堂テーマソングの歌詞(滋賀県甲賀市)

食堂での児童らの様子を記した子ども食堂テーマソングの歌詞(滋賀県甲賀市)

 子ども食堂をさらに普及させようと、滋賀県甲賀市内に17ある食堂が合同で子ども食堂のテーマソング「大好き♡子ども食堂」を作った。食堂での子どもたちの生き生きした様子を歌詞に盛り込み、市内在住のシンガー・ソングライターが作曲した。5月2日に初披露する。

 子ども食堂には貧困家庭支援のイメージがあるが実際は多彩な子どもたちが集っており、楽しさを強調してより多くの児童らに参加してもらう狙いで作った。

 昨年10月、子ども食堂「てるてるぼうず」などを運営する佐伯千代さん(49)=同市水口町=が、市社会福祉協議会が事務局となり市内食堂が加盟する代表者会議で提案。歌詞は、子どもたちの様子や会話を各代表者らが出し合い、ソングライターのyokkoさんと佐伯さんがまとめた。

 「絵本トランプ笑っておしゃべり いつのまにか仲良し」「にんじんピーマン野菜はにがて いつのまにか食べられた」などの詞にyokkoさんが曲をつけた。繰り返しのメロディーを多用し、アップテンポで親しみやすい曲に仕上げた。

 CDは300枚制作予定。市内17食堂や県内市町の社協に配布するほか、5月2日にアル・プラザ水口(水口町本綾野)である同会議主催の子ども食堂PRイベントで曲を発表し、CDを販売する。制作費は各食堂や協賛企業の寄付で賄う。

 佐伯さんは「全国に歌が広がるとうれしい。食堂に来てない子が興味を持つきっかけになれば」と期待する。千円。問い合わせは市社協0748(65)6370。