大津市役所

大津市役所

 大津市は23日、市内の診療所で、インフルエンザワクチンの接種に訪れた12歳未満の子どもに、誤って新型コロナウイルスワクチンを接種したと発表した。

 国内では、12歳未満の子どもはコロナワクチン接種対象ではない。市は子どもの年齢や性別は公表しない一方、誤接種から1日以上経過した午後6時時点で、副反応や体調不良などの報告はないとしている。

 市新型コロナウイルスワクチン接種対策室によると、子どもはインフルエンザワクチンの接種予約をし、22日午後5時ごろ、診療所を訪れた。医療従事者が、トレーに1本ずつ置かれた透明のインフルエンザワクチンの注射器と、オレンジ色のコロナワクチンの注射器を取り違えたという。

 同室は「種類の異なるワクチンや複数人への接種の際には、ワクチンが混同しないよう用意し、接種前に再確認をするよう医療機関に周知する」としている。