本拠地最終戦のセレモニーで巨人ナインと記念撮影する山中美和子さん(中央)。前列左は原監督=東京ドーム

 本拠地最終戦のセレモニーで巨人ナインと記念撮影する山中美和子さん(中央)。前列左は原監督=東京ドーム

 45年間務めた巨人主催試合の場内アナウンスを退任する山中美和子さんが23日、東京ドームでの本拠地最終戦で最後のアナウンスを担当した。試合後のセレモニーまで務め上げ「来年からは45年前と同じく、一人のジャイアンツファンに戻って応援したいと思います」と場内にあいさつ。大きな拍手が送られた。

 セレモニーの冒頭ではグラウンド上に招かれ、原監督から名前にちなんだ「385」のユニホームを着せられ、選手らと写真に納まった。同監督は「幾多の名選手、巨人の選手が彼女の声で元気を出し、戦うことができた」と感謝した。