24日、皇子山球場で準々決勝3試合が行われ、夏の甲子園で4強入りした京都国際(京都1位)は、2―3で和歌山東(和歌山2位)に競り負け、2年連続の準決勝進出はならなかった。近江(滋賀3位)は6―7で金光大阪(大阪2位)に逆転負けした。

 京都国際は初回、2死満塁から2点適時打を浴びて先制された。先発の平野は5回を投げて3失点。九回に森下の右越えソロ本塁打で1点差に迫ったが、逃げ切られた。

 先頭の森下がフルカウントの末、直球を力強く引っ張ると、