スケートアメリカで2位に入り、一夜明けて取材に応じる宇野昌磨=ラスベガス(共同)

 スケートアメリカで2位に入り、一夜明けて取材に応じる宇野昌磨=ラスベガス(共同)

 スケートアメリカのペアで2位に入り、一夜明けて取材に応じる三浦璃来(左)と木原龍一組=ラスベガス(共同)

 スケートアメリカのペアで2位に入り、一夜明けて取材に応じる三浦璃来(左)と木原龍一組=ラスベガス(共同)

 【ラスベガス(米ネバダ州)共同】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦、スケートアメリカで2位に入った男子の宇野昌磨とペアの三浦璃来、木原龍一組がフリーから一夜明けた24日、米ネバダ州ラスベガスで取材に応じた。宇野は「今年は今まで以上のコンディションで挑めている」と手応えを語った

 北京冬季五輪シーズンに好発進したが、ここ数年は思うような成績を残せなかったことで「今年どうにかしてやりたい気持ちが強かった」と打ち明けた。

 日本人同士のペアで初めてGPの表彰台に立った三浦は「これを重く受け止めずに、NHK杯でもいい流れを続けたい」と語った。