衆院選がスタートした。有権者の選択が政治課題や政策にどうつながるのか、意義を探った。

 ①政治姿勢 首相問われる信頼回復

 ②成長戦略 分配に力点、成長への道筋は不透明

 ③最低賃金・雇用政策 賃金下限額の引き上げ、与野党一致 財源確保など具体像見えず

 ④核燃料サイクル 議論低調 推進か撤退か問われる向き合い方

 ⑤外交政策 同盟優先か、民意尊重か 米軍基地と沖縄

 ⑥福島の復興 賛否分かれる原発処理水 大震災から10年半、4万人近くが避難