京都府の丹波3市町の面積の8割を占める森林。うち35%に当たる3万2800ヘクタールが人工林で林業の舞台となっている。丹波地域は間伐などの森林整備が府内では比較的進んでいるが、担い手確保をはじめコスト削減やシカの食害対策など、安定した森林経営を行うには全国同様、クリアすべき課題は多い。31日投開票の衆院選で候補は何を語るのか、林業家たちは注視している。

 重機アームの先端に取り付けられた自在に動く機械が丸太をつかみ、軽々と持ち上げ、