京都府警が押収した覚醒剤と、段差スロープの裏側に隠されていたポーチ(26日、京都市上京区・府警本部)

京都府警が押収した覚醒剤と、段差スロープの裏側に隠されていたポーチ(26日、京都市上京区・府警本部)

 京都府警組対3課と西京署などは26日までに、大麻取締法違反(所持)の疑いで、指定暴力団住吉会系の組員の男(66)=東京都新宿区=を逮捕し、覚醒剤取締法違反(営利目的所持)の疑いで、無職の男(40)=同練馬区=を逮捕した。

 府警によると、組員の男の捜索で合成麻薬MDMAとみられる薬物を数百錠、注射器を百数十本押収した。府警は両容疑者が違法薬物の密売を繰り返していたとみている。

 組員の男の逮捕容疑は、25日朝、自宅で大麻草0・2グラムを所持した疑い。無職の男は25日夕、覚醒剤4袋(数グラム)を営利目的で所持した疑い。それぞれ容疑を否認しているという。

 府警の説明では、無職の男は自宅マンション前の路上にある鉄製の段差スロープの裏側に、覚醒剤入りのポーチを貼り付けて隠していたという。