大津署は16日、自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)と道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、大津市苗鹿2丁目、アルバイト店員の男(46)を逮捕した。

 逮捕容疑は、15日午後8時ごろ、大津市苗鹿2丁目で、乗用車を酒気帯び状態で運転して京都市伏見区の会社員男性(28)のミニバイクに衝突し、骨盤骨折の重傷を負わせた疑い。

 また、道交法違反(酒気帯び運転の同乗)の疑いで、大津市苗鹿、アルバイト店員の男(46)を逮捕した。