京都新聞社滋賀本社が衆院選滋賀3区の立候補者に「○(賛成)」「×(反対)」の2択で回答を求め、60字以内で理由を説明してもらった(原則として原文のまま掲載)。回答できない場合は空白とした。(届け出順に掲載)

高井 崇志候補(52) れいわ前

(1)政府のコロナ対策は何点か(100点満点で) 

 30点 検査と補償が不十分。 コロナ患者受け入れ病院 の赤字を補償すれば医療ひっ迫は防げた。休業補償や一律 給付金も足りない。

(2)憲法9条は改正すべきだ

 ✕ 憲法は改正すべきだが、9条を改正する必要はない。現行憲法9条で自衛隊は合憲だし、専守防衛は十分可能。

(3)財政規律を重んじるより、積極的な財政政策が必要だ

 ○ 弤年間デフレが続き経 済が成長しないのは消費 税増税と財政出動が足りないから。世界各国も積極財政に 舵(かじ)を切っている。

(4)原発再稼働は進めるべきだ

 ✕ 原発に頼らずとも欧州 諸国と同様自然エネルギ ーで賄える。年8千億円の原発予算を再生可能エネルギーに振り向けるべき。

(5)選択的夫婦別姓は導入すべきだ

 ○ 政府(法務省)は平成8年に導入方針を決定し ている。反対しているのは自民党の一部議員だけ。国民の7割以上が賛成している。

(6)女系天皇(母方にのみ天皇の血筋をもつ天皇)を認めるべき

   女性天皇と女系天皇の違いを明確に理解している国民は少ない。正しい理解を促し速やかに国民的議論を行って結論を出すべき。

(7)核兵器禁止条約を批准すべきだ

 ○ 世界唯一の被爆国日本が批准しない理由が全く理解できない。批准に反対する米国にはしっかり説明すれば理解を得られる。

(8)「敵基地攻撃能力」は保有しなければならない

 ✕ 実効性を担保するのは難しい。専守防衛原則をはみ出せば歯止めが利かなくなり、戦争に巻き込まれる恐れが高い。

佐藤 耕平候補(39) 共産新

(1)政府のコロナ対策は何点か(100点満点で)

 30点 科学的見地を無視。PCR検査を控え続け、国民には自粛を押しつけた半面、オリパラを推進する相反するメッセージを送り続けた。

(2)憲法9条は改正すべきだ

 ✕ 世界大戦を引き起こした当事者としての反省のもとに作られた崇高な理念は、国際的にも高く評価されている。

(3)財政規律を重んじるより、積極的な財政政策が必要だ

  「財政規律」の名の下に国民生活に関わる予算を削減している。積極的な財政政策とあるが、中身が重要。

(4)原発再稼働は進めるべきだ

 ✕ 福島の事故を見るだけでも原発がどれだけ大きな地球的破壊をするか明らか。人間の処理能力を遥かに超える原発に頼るべきでない。

(5)選択的夫婦別姓は導入すべきだ

 ○ 先進国の中にあって、別姓でないのは日本だけ。このことを見ても日本のジェンダー問題は大きく遅れている。

(6)女系天皇(母方にのみ天皇の血筋をもつ天皇)を認めるべき

 ○ 男性に限定する合理的根拠はなく、女性天皇や女系天皇も認められるべき。

(7)核兵器禁止条約を批准すべきだ

 ○ 核兵器そのものが悪であると認めた条約は画期的。唯一の戦争被爆国である日本だからこそ核兵器ゼロの立場に立つべき。

(8)「敵基地攻撃能力」は保有しなければならない

 ✕ 完全に憲法9条に反する考えで、認めることはできない。平和は、外交は話し合いでこそ進めるべき。

武村 展英候補(49) 自民前

(1)政府のコロナ対策は何点か(100点満点で)

 70点 試行錯誤の中で初動の不手際が見られたが、特にワクチン接種は先進国の中でも最も速いペースで進んでいる。

(2)憲法9条は改正すべきだ

 ○ 文理解釈上、適切な文言に修正すべき。実態に即して憲法解釈を変更するのではなく、国民投票を経て憲法改正をすべきと考える。

(3)財政規律を重んじるより、積極的な財政政策が必要だ

 ○ コロナ禍で経済が疲弊しているため、引き続き積極的な財政政策が必要であるが、一定の財政規律も必要。

(4)原発再稼働は進めるべきだ

 ○ 最大限に再エネの導入の努力をした上で、充足できない電力は当面、既存の原発にも依存せざるを得ない。

(5)選択的夫婦別姓は導入すべきだ

 ✕ さらなる旧姓の通称使用の拡大に政府をあげて取り組むことが前提。

(6)女系天皇(母方にのみ天皇の血筋をもつ天皇)を認めるべき

 ✕ 歴史的な皇統を守るべきと考える。

(7)核兵器禁止条約を批准すべきだ

 ○ 現行の条約は核保有国が批准できない内容であり実効性はないが、被爆国である日本が核兵器廃絶に向けた発信をする意義は大きい。

(8)「敵基地攻撃能力」は保有しなければならない

   北朝鮮のミサイルの能力は日々高度化している。国民を守るためのあらゆる選択肢を検討する姿勢が必要。

直山 仁候補(49) 維新新

(1)政府のコロナ対策は何点か(100点満点で)

 60点 ワクチン接種の促進は評価するが、医療提供体制の抜本的な強化を図ることができなかった。経済対策も不十分であり後手に回った。

(2)憲法9条は改正すべきだ

   平和主義・戦争放棄は堅持した上で、正面から改正議論を行う。

(3)財政規律を重んじるより、積極的な財政政策が必要だ

 ○ 緊急事態宣言の度重なる延長で経済低迷が長期化することが確実であり、いまは追加の経済対策が必要である。

(4)原発再稼働は進めるべきだ

   原発の再稼働に係る国の責任を明確化する。原発の稼働に当たっての政治主導の明確化等を定めた法律を制定した上で結論を出す。

(5)選択的夫婦別姓は導入すべきだ

 ○ 同一戸籍・同一氏の原則を維持しながら、旧姓使用にも一般的な法的効力を与える選択的夫婦制度を創設する。

(6)女系天皇(母方にのみ天皇の血筋をもつ天皇)を認めるべき

 ✕ 古来例外なく男系継承が維持されてきたことの重みを踏まえるべきだ。

(7)核兵器禁止条約を批准すべきだ

 ✕ 来年開催予定の核兵器禁止条約の締約国会議にオブザーバー参加し、NPTの枠組みで核軍縮に向け新たなテーブルを構築するべき。

(8)「敵基地攻撃能力」は保有しなければならない

   敵基地を無力化する「領域内阻止能力」を持つことには賛成。