今回の衆院選には、政治団体所属の「諸派」23人、政党にも政治団体にも属さない「無所属」80人が立候補した。公選法の定めにより、政党の候補者…