勝目康氏

勝目康氏

 31日投開票の衆院選で、3人が立候補した京都1区では、自民党新人の勝目康氏が初当選を決めた。元総務官僚の勝目氏は政界を引退した伊吹文明元衆院議長の後継として、1区の議席継承を目指していた。

 京都1区では、野党第1党の立憲民主党が擁立を見送った。共産党前職の穀田恵二氏は「野党共同候補」掲げて初の選挙区勝利を狙ったが、及ばなかった。

 また日本維新の会新人の堀場幸子氏も立候補したが、届かなかった。

 京都新聞社が投票を済ませた有権者に行った出口調査とこれまでの取材などを基に判断した。