18日に営まれる「ミッドナイト念仏in御忌」。普段は非公開の三門楼上の仏堂を会場に、夜通し念仏を唱える(2018年4月、京都市東山区・知恩院)

18日に営まれる「ミッドナイト念仏in御忌」。普段は非公開の三門楼上の仏堂を会場に、夜通し念仏を唱える(2018年4月、京都市東山区・知恩院)

 夜を徹して木魚をたたき念仏を唱える「ミッドナイト念仏in御忌(ぎょき)」が18日午後8時から、京都市東山区にある浄土宗総本山・知恩院で営まれる。

 当日は、三門(国宝)楼上にある通常非公開の仏堂を会場に、午前7時まで休憩なしで続く。開始に先立ち、午後7時からは「開白(かいびゃく)法要」と呼ばれる幕開けの法要がある。

 宗祖法然をしのぶ、8日間に及ぶ法要「御忌大会(ぎょきだいえ)」初日夜の恒例行事。近年は仏堂に入るため順番を待つ長蛇の列ができる。主催する知恩院おてつぎ運動本部は「19日午前1時~2時ごろには行列も解消しているのでは」としている。