今回の衆院選は、解散から投開票までの期間が戦後最短で、論点が浸透する期間があまりに短く、政策を検証する時間も十分ではなかった。有権者は消化…