山科署

山科署

 京都市山科区の民家で31日夜に夫婦の遺体が見つかった殺人事件で、京都府警捜査1課と山科署は1日、殺人の疑いで、夫婦の長男で無職の男(36)を逮捕した。「間違いない」と容疑を認めているという。夫婦は就職の話をするために長男宅を訪れており、府警は何らかのトラブルがあったとみて調べる。

 長男の逮捕容疑は31日午後4時から7時20分ごろの間に自宅で、近くに住む両親の会社員男性(66)と妻(61)を何らかの方法で殺害した疑い。

 府警によると、男性は1階、妻は2階で血を流して倒れており、ともに頭や胸などに十数カ所の刺し傷があった。府警は現場から凶器とみられる包丁2本を押収したという。

 府警の説明では、長男から家に来るよう連絡を受けた夫婦が、31日午後4時ごろに長男宅を訪問。約2時間後、夫婦と同居する次男(35)が様子を見に行くと長男が家から出てきて自身の軽乗用車で走り去った。長男は午後8時過ぎ、三重県亀山市内で信号無視をしたとして、道交法違反容疑で三重県警に逮捕された。

 夫婦を知る複数の住人によると、2人は仲が良く、町内会の地域行事にも積極的に参加していた。近所の70代女性は「ご主人はおとなしいが、奥さんははきはきと話すタイプ。育てた野菜をいただいたこともある。こんなことになり、本当に信じられない」と悲痛な表情を浮かべた。