山科署

山科署

 京都市山科区大宅中小路町の民家で夫婦が殺害された事件で、近くに住む会社員男性(66)と妻(61)が長男(36)=殺人容疑で逮捕=の自宅を訪れた直後に殺害された可能性があることが2日、府警への取材で分かった。

 府警によると、司法解剖の結果、2人の死亡推定時刻はともに10月31日午後4時ごろだった。夫婦は呼び出されて同4時ごろに長男宅を訪ねていた。その後、長男は同6時ごろに軽乗用車で家から逃走したという。

 府警の説明では、2人には胸や頭などに十数カ所の刺し傷があり、男性の死因は左右の胸腔(きょうくう)と心嚢(しんのう)内の出血、妻は出血性ショックだった。府警は現場から凶器とみられる包丁を押収した。