サッカーJ2の京都サンガFCは3日、サンガスタジアム京セラで第37節を行い、大宮を1―0で下して2連勝を飾った。終了間際の川崎の劇的なヘディングゴールで決勝点を奪った。勝ち点を78に伸ばし、2位を維持した。首位の磐田も勝って同80。甲府が敗れ、長崎は勝って同68とし3位に浮上した。

 ドラマは最後に待っていた。ロスタイムの表示5分間が過ぎた終了間際。