多くのサポーターの前でプレーするサンガの選手たち(ヤマハスタジアム)

多くのサポーターの前でプレーするサンガの選手たち(ヤマハスタジアム)

磐田-サンガ 磐田戦に向けアップするサンガの選手たち(ヤマハスタジアム磐田)

磐田-サンガ 磐田戦に向けアップするサンガの選手たち(ヤマハスタジアム磐田)

 サッカーJ2で2位の京都サンガFCは7日、ヤマハスタジアムで首位の磐田とJ1昇格、優勝を懸けた天王山に挑み、0-0で前半を終えた。

 サンガは前線から鋭いプレスを続け、15分にウタカのヘディングシュート、終了間際にも宮吉とウタカの見事な連携からゴールに迫った。磐田のルキアンらを中心にサイドの空いたスペースを突かれたが、GK清水や麻田ら守備陣が体を張ってゴールを割らせなかった。

 3位長崎は前半を終えて東京Vと0-0とドロー。4位甲府は午後3時から北九州とぶつかる。(時間は非公式)

    ◇

 上位2チームが昇格できる今季のJ2。5試合を残して昇格の可能性があるのは、首位磐田(勝ち点80)、2位サンガ(同78)、3位長崎(同68)、4位甲府(同67)、5位山形(同64)、6位町田(同63)の6チームに絞られた。サンガが今節で昇格を決めるには、磐田に勝った上で、長崎が敗れ、甲府が引き分け以下になることが条件。