京都市上京区の誕生140周年を記念した祭典「日本の奇跡 上京大文化祭」が27、28日両日、同区の北野天満宮周辺で開催される。大茶会や舞台、展示などを通じ、上京が長い歴史の中で築いてきた官邸文化や伝統工芸の技を堪能できる。

 芸能や文化関係者でつくる「上京区文化振興会」と、同区140周年記念事業実行委員会の主催。北野天満宮文道会館では音、光、香りで演出した空間に、西陣織や漆、工芸菓子などの職人が出品する「現代の技展」を開催。両日午前10時~午後5時(28日4時)。無料。また「伝統の技を食す」をテーマに、西陣魚新や萬亀楼などの名料理店が限定メニューを提供するコーナーも設けられる。両日午前11時~、1品500円。

 武者小路千家の懸釜による「北野の大茶会」(27日午前10時~午後3時、北野天満宮庭園、千円)▽蹴鞠(けまり)や雅楽など御所文化を再現する舞台「今に伝わる御所の文化」(28日午前10時~午後3時、北野天満宮庭園・紅梅殿、無料)もある。問い合わせは同区役所075(441)5040