交差点に設置された衝突緩衝材に交通安全を呼び掛ける幕を張った園児ら(長浜市南小足町)

交差点に設置された衝突緩衝材に交通安全を呼び掛ける幕を張った園児ら(長浜市南小足町)

 大津市で5月、散歩中の保育園児ら多数が死傷した交通事故から半年となった8日、滋賀県長浜市南小足町の県道交差点に、近くの南郷里幼稚園の園児らが「園児 お散歩道 ゆっくり走って」と書かれた幕を張り、ドライバーに安全運転を呼び掛けた。

 同交差点付近は同園が散歩に利用しており、園などの要望を踏まえ、長浜地区安全運転管理者協会が設置した。
 この日、園児と教諭、市職員、長浜署員ら約40人が交差点に集合。園児が2基の衝突緩衝材に幕をくくりつけ、「運転手さん、ゆっくり走ってください」と訴えた。上﨑順子園長は「通行量が多い場所で危険を感じていた。少しでも子どもたちの安全につながれば」と話していた。