古民家カフェの開催をPRする立命館大経済学部の学生たち(大津市・滋賀県庁)

古民家カフェの開催をPRする立命館大経済学部の学生たち(大津市・滋賀県庁)

 立命館大経済学部(滋賀県草津市)の学生が20、21日の両日、大津市内の古民家スペース2カ所で手作りの米粉ワッフルを販売するカフェを開く。古民家や水田を残して日本の原風景を守るプロジェクトの一環。「コメと古民家の新たな活用を後押ししたい」としている。

 地域課題の解決を目指す寺脇拓教授のゼミに所属する3年生22人が企画。日本の懐かしい風景を継承する目的で、生活様式の変化とともに減っている水田と古民家に着目し、その魅力発信に取り組むことにした。

 カフェは「こめこみんかふぇ」と名付け、いずれも築100年前後の古民家の大津百町スタジオ(大津市御幸町)とテラマチベース(同市末広町)の2カ所で、両日の午前10時~午後4時に開く。

 学生たちは、高島市特産のアドベリーのソースをかけるなどした県内産米粉のワッフル4種類(150~250円)を販売。紅茶とコーヒーは無料提供する。訪れた客には古民家やスイーツに関するアンケートを実施し、結果は古民家カフェの運営に関心のある事業者に役立ててもらう。

 また、県内の古民家カフェや、米粉スイーツの提供店を特集した冊子も作った。掲載店で提示すると割引などのサービスが受けられる。3千部発行し、JR大津駅の観光案内所などに置いた。

 代表の女子学生(20)は「米粉スイーツ作りや古民家の管理はコストがかかる一方で魅力は高い。相乗効果を生み出せれば」と話す。