瀬戸内寂聴さんは京都と宿命的な縁で結ばれた人だった。戦後、夫の赴任先の中国・北京から故郷の徳島に引き揚げてきて道ならぬ恋に陥り、26歳の年…