【資料写真】市川海老蔵さん

【資料写真】市川海老蔵さん

 歌舞伎俳優の市川海老蔵さん(43)は、瀬戸内寂聴さんの死去を受けて11日夜に思い出をブログにつづった。「大変お世話になりました。かなしいです」とした上で「私が源氏物語を演じる時に京都で先生とデートしました。22、3歳だったかな、二人で食事をして、たくさんお酒を飲んで、その後お茶屋さんに行き、色んなお話を聞きました」と記した。

 さらに「沢山恋しなさい、光の君のように、それで良いのよ!とか、光の君の演じ方、在り方、その時代の事、様々お話下さいました。(新型コロナウイルス禍で延期になっている團十郎)襲名が去年出来ていれば、色々お目にかかれただろうに、悔やまれます」と書いた。

 海老蔵は前名の新之助時代の2000年から「源氏物語」の光の君を演じ、京都・南座でも03年3月に上演した。