滋賀県内に生息するカワウの数が、昨年からほぼ倍増していることが関西広域連合の5月の調査で分かった。3万羽を超えた2008年をピークに減少傾向が続いていたが、今年は9年ぶりに1万羽を超えて1万2829羽になった。