2005年4月に乗客106人が死亡した尼崎JR脱線事故で、JR西日本が事故車両について、大阪府吹田市の社員研修施設を拡張して保存する方針を固めたことが9日、分かった。