滋賀県野洲市教育委員会は19日、市内の中学卒業生保護者から2017年度の給食費5カ月分(2万1500円)を二重徴収するミスがあったと発表した。

 市教委によると、昨年10月に給食費の督促通知を送り、支払いを受けたが入金済みの処理をせず、今年2月に催告通知を送り、再度支払いを受けたという。

 17日に保護者から指摘を受けて発覚した。それを受け、調査したところ小学生保護者から児童2人の1カ月分(7600円)を二重徴収していたことも分かったという。