サッカーJ2の第40節は10日、タピック県総ひやごんスタジアムほかで9試合を行い、京都サンガFCは3―0で琉球に快勝した。連敗を2で止めて勝ち点を65に伸ばし、順位は9位から8位に上がった。J1参入プレーオフ(PO)に進出できる6位との勝ち点差は2のまま。
 サンガは後半30分、庄司がPKを決めて先制。37分に右クロスを一美が右足で合わせて追加点を挙げ、40分には小屋松が3点目を奪った。
 横浜FCは徳島を1―0で下し、勝ち点73で2位。大宮は栃木と引き分け得失点差で3位。勝ち点78で首位に立つ柏のJ1昇格決定は次節以降に持ち越した。