音声を吹き込んだ市之瀬巡査部長の娘2人=南丹市八木町・神吉郵便局

音声を吹き込んだ市之瀬巡査部長の娘2人=南丹市八木町・神吉郵便局

 京都府警南丹署観音寺駐在所(南丹市八木町)の警察官が、録音した音声で特殊詐欺への注意を喚起する機器を同市八木町の神吉郵便局内の現金自動預払機(ATM)に設置した。妻と娘2人が声を吹き込み、高齢者が多い同地域では「かわいらしい」と好評を得ている。

 同駐在所に勤務する市之瀬慎吾巡査部長(33)が、府内で還付金詐欺などの被害が増加傾向にある中、地域での水際対策をしようと考案した。

 人が近づくと作動するセンサーで、約20秒間の音声が流れる。特殊詐欺への注意を呼び掛ける妻(32)の声のほか、長女(5)と次女(3)が「聞いてください」「だまされないで」とATM利用者の注意を引きつけた。

 市之瀬巡査部長は「お子さんやお孫さん、大切な人の顔を思い出して、立ち止まってみてほしい」と話している。