海上自衛隊舞鶴地方総監部

海上自衛隊舞鶴地方総監部

 海上自衛隊舞鶴地方総監部は18日、睡眠導入剤を使って部下の女性隊員に、わいせつな行為をしたとして、舞鶴基地業務隊所属の海曹で50歳代の男を懲戒免職にした、と発表した。

 同総監部によると、海曹は4月17日午後11時50分ごろ、同隊で当直勤務中、一緒に勤務していた女性隊員のペットボトルの中に、睡眠導入剤を混入し、胸を触ったという。女性から被害届が出され、舞鶴地方警務隊が準強制わいせつ容疑で9月7日に海曹を逮捕・送検していた。

 海曹は「被害者の態度が日頃から横柄に感じていてこらしめてやりたい気持ちがあった」と動機を話し、睡眠導入剤は京都府舞鶴市内の医療機関で処方されたという。