SUBARU(スバル)は18日、駐車ブレーキの制御プログラムに不具合があるとして「レヴォーグ」1万8517台(2020年11月~21年3月生産)をリコールすると国土交通省に届け出た。

 国交省によると、ブレーキ作動中に車両が振動するとセンサーが過敏に反応して走行中と認識。警告灯が点灯し、ブレーキを解除できなくなる恐れがある。

 スバルは同日、レヴォーグ2万4049台(20年11月~21年6月生産)を無料で回収、修理する改善対策も国交省に届け出た。衝突被害軽減ブレーキの制御プログラムが不適切で、カーブで対向車などを衝突対象とみなしブレーキが作動する恐れがある。