米軍経ケ岬通信所

米軍経ケ岬通信所

 京都府京丹後市は18日、5日から稼働を続けていた米軍経ケ岬通信所(同市丹後町)の発電機が17日午後7時ごろ、商用電力への復旧が完了したため、停止したとの連絡を近畿中部防衛局から受けたと発表した。

 市や同防衛局によると、同通信所は「(商用電力の)緊急を要するメンテナンスのため、発電機を使用する必要が生じた」として、当初、稼働期間をおおむね1週間の予定としていた。市は、同通信所と同防衛局に対し「発電機の夜間・早朝、休日の稼働を停止するとともに、騒音対策を徹底してほしい」と中山泰市長名の文書で申し入れていた。その後、同通信所が「部品到着の事情などにより、当面の間、稼働を継続せざるを得ない」として、稼働を延長する意向を同防衛局に伝えていた。