まるで「絵画の世界」のような大山崎山荘美術館の紅葉(京都府大山崎町)

まるで「絵画の世界」のような大山崎山荘美術館の紅葉(京都府大山崎町)

 ここはモネが晩年に描いた「睡蓮(すいれん)」の連作も所蔵するアサヒビール大山崎山荘美術館(京都府大山崎町銭原)。紅葉の名所でもあるが、英国風山荘のアーチ状テラスから眺めた秋の世界はどこか絵画的で、つい立ち止まって見入ってしまう。

 庭園の池に映り込んだ赤や黄色のグラデーションも楽しめて、また、印象派の巨匠がこの光景を描いたらどうなるだろうか、と想像するのも一興だ。

 職員の池田恵子さんによると、朝の光に浴びるとより色が鮮やかだという。同館は12月6日から、次の展示会が始まる18日まで休館する。