野球の明治神宮大会は20日、神宮球場で開幕して1回戦が行われた。大学の部は、佛大(関西1)が5-0で近大工学部(中国・四国)に勝ち、準々決勝に進出した。龍大(関西2)は1-2で神奈川大(関東2)に敗れた。高校の部は花巻東(東北)と九州国際大付(九州)が準々決勝に進んだ。

 佛大は先発の右腕木村(3年、奈良大付)が8回2安打、11奪三振と好投。後を受けた左腕木下(4年、奈良大付)との継投で相手打線を封じた。龍大は再三の好機を生かせなかった。

 大会は昨年、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となり、2年ぶりの開催となった。