サッカーJ2第40節は20日、シティライトスタジアムなどで2試合を行い、2位の京都サンガFCは0―0で岡山に引き分け、J1昇格決定は持ち越した。勝ち点は82。3位長崎は首位磐田と2―2で引き分け、今季の昇格の可能性がなくなった。21日に4位甲府が引き分け以下となれば、サンガの2010年以来12年ぶりとなるJ1復帰が決まる。

 サンガは相手の速い出足にボールが落ち着かず、チャンスを作られた。前半6分、元サンガのFWイ・ヨンジェに頭で合わせられたが、GK清水が左手一本でセーブ。44分には相手CKが武田に当たってコースが変わったが、清水が再び素早い反応でキャッチした。後半途中から庄司や黒木、長井を3人同時投入。イスマイラも投入して、5人の交代枠を使って攻撃のテンポを変えたが、得点には至らなかった。
■清水、好セーブ連発「無失点、前向きに捉える」

 自力でのJ1昇格を目前にしたプレッシャーか…