見頃を迎えたメタセコイアの並木(京都府精華町精華台)

見頃を迎えたメタセコイアの並木(京都府精華町精華台)

 京都府精華町の府道72号精華大通り沿いにあるメタセコイア並木の紅葉が見頃を迎え、道行く人たちが赤茶色に染まった秋らしい風景を楽しんでいる。

 精華町精華台から光台までの約3キロには、道の両側と中央分離帯の3列に500本弱のメタセコイアが並んでいる。道路を管理する府山城南土木事務所によると、樹齢は20~25年ほどという。周囲にはけいはんな記念公園やショッピングセンターもあり、公園の利用者や買い物客が行き交っていた。

 夫婦でメタセコイアを見に訪れた宇治市広野町の男性(75)は「滋賀県高島市の並木にも劣らないくらいきれい。こっちは人が少なくて穴場なので、趣味のウオーキングも兼ねて、秋になると来ています」と話した。

 紅葉の見頃は12月上旬まで。