いよいよ戦国時代に突入します。歴史小説の分野でも、ひときわ人気の高い時代ですが、作家の澤田瞳子さん、今村翔吾さん、二人の関心の方向はすいぶん違います。京都に軸足を置きながら、それぞれの視点で乱世の時代を見つめ直します。